プレビーム工法|Prebeam

プレビーム合成桁の計画方法、設計方法について

計画のポイント

  • 縦断・横断勾配を活用し、桁高を確保することにより、主桁本数の低減を図る。
  • 連続桁の特徴を活かし、最適な支間割を計画する。
  • 自由度の高い桁配置を活かし、複雑な路面線形に対応させる。

① 桁高を確保し、桁本数の低減を図る

プレビームは桁高に制限を受ける条件下で比較的多く採用されています。その中でも制限が厳しければ、工事費は高くなり、制限が緩やかであれば工事費は安くなります。

桁高・主桁本数と全体工事費の関係

縦断勾配を活用した桁形状による工事費比較

縦断勾配が山型勾配となる場合(縦断勾配の活用)
断面力が大きい支間中央部で桁高を確保することで、経済的な計画が可能になります。

② 連続桁の場合、最適な支間割を計画する

連続けたでは同一の橋長であっても、支間比率を調整することにより、径間部に作用するモーメントを低減できるケースがあります。

2径間連続桁のモーメント分布図

主桁本数や鋼材断面が減少し、さらに応力導入するプレビーム桁長も短くなるため、経済性が向上する。

3径間連続桁のモーメント分布図

支間割を調整する事で、より経済的になる。

縦断勾配を考慮した変断面桁を採用

③ 自由度の高い桁配置で、複雑な路面線形に対応する

複雑な平面線形への対応

大きな拡幅やバチ形状、曲線への対応が可能

  • 大きな拡幅:主桁に枝桁を簡単に設置可能
  • 幅員変化:大きな変化でもバチ桁配置にて対応可能
  • 平面曲線:中間支点部での折れ桁にて対応可能

急な斜角への対応

枝桁を設け主桁本数、デットスペースを減少させた事例

  デットスペースを最小限にした桁配置例
prebeam_plan10

④ プレビームの計画の注意点

桁端の桁高の設定ポイント
prebeam_plan11
  • 支点部のせん断力は鋼桁腹板で負担する構造であり、端部の桁高が低くなる場合は、
    鋼板厚を厚くして対応する。
    ※PC鋼材等の定着具の設置が必要ないため、支間長が長い場合でも構造高を低くすることが可能。
    (最少桁高 550mm程度(床版上面~下フランジ下端))
  • 落橋防止ケーブル等を設置する場合は、別途設置スペースに留意が必要です。

⑤ 工程短縮、剥落防止等の対策について

埋設型枠(アーチフォーム)の使用

アーチ1

  アーチフォームの施工状況

アーチ2

設計に関するお問い合わせ先

プレビーム振興会では概略検討のご依頼も承っています。
下記のお問い合わせから支間、幅員、桁高等を連絡頂ければ概略検討を行います。

  • btn_contprebeam
  • 北海道・関東地域     事務局   Tel. 03-3915-5394
  • 東北地域         東北支部  Tel. 022-266-8887
  • 東海地域         中部支部  Tel. 052-223-8211
  • 北陸地域         北陸支部  Tel. 0763-22-6669
  • 関西・中国・四国地域   関西支部  Tel. 06-6532-4174
  • 九州・沖縄地域      九州支部  Tel. 092-431-7345

受託設計依頼先の紹介

下記の会社では、プレビーム橋の概略設計・詳細設計等の受託業務を行っています。

川田テクノシステム株式会社

Page Top